1. トップ
  2. よくある相談 Q&A
  3. すまいを耐震化する
  4. 新耐震基準の木造住宅なら耐震強度は十分ですか

新耐震基準の木造住宅なら耐震強度は十分ですか

Q. 昭和56年6月以降に新耐震基準で建てられた木造住宅なら,耐震強度は十分確保されていますか

A. 耐震基準は昭和56年以降にも改正されています。平成7年に発生した阪神・淡路大震災における被害等を受けて,平成12年6月に「建築基準法施行令」や「告示」が改正され,基礎や接合部の仕様,壁の配置バランスのチェックなどに,より高い耐震基準が定められました。
 耐震基準が改正されているから,というだけでなく,住宅はいつまでも新築のときの耐震強度を保てるわけではありませんので,定期的に専門家に点検してもらうのが一番です。
  京都市では,平成12年5月までに建築された木造住宅の耐震強度に関するご相談に,専門家を派遣する制度があります。詳しくは京安心すまいセンター耐震・エコホットライン075-744-1631にお問い合わせください。

こちらもあわせてご覧ください
すまいづくりニュース すまいの耐震相談・点検に専門家を派遣します!
https://miyakoanshinsumai.com/news/?act=detail&id=231

 

 

 

登録者 京安心すまいセンター
最終更新日 2019-09-08 16:25:51