1. トップ
  2. 基礎知識
  3. すまいを借りる
  4. <物件の下見>

<物件の下見>基礎知識

【間取りなど】
 希望の物件が見つかったら,必ず現地と部屋を確認しましょう。物件を見ずに契約するのは,トラブルのもとです。実際に部屋を見てみると,間取り図や写真のイメージより狭かったり,間取り図だけではわからない構造や寸法の違いがあったりします。必ず間取り図と照合し,大きな家具や家電を置くスペースなどに問題がないか確認しましょう。間取り図にはない柱の張り出しや,洗濯機置き場の防水パンの大きさなどは要チェックです。日照や通風などは,窓を開けてみて確認しましょう。
付帯設備(エアコン・給湯器・ガスコンロ・照明器具)は契約上の付帯設備なのか,前居住者の残置物なのか,入居後に使えるものかを確認しましょう。設備は老朽化していないか,破損がないかなど,整備が適切に行われているかを確認し,場合によっては入居前に交換してもらえるかどうかも確認しましょう。廊下やエントランス,ゴミ捨て場,自転車置き場など共用部分の管理状況を見れば,管理会社が適切に管理しているか,また他の住民のマナーがわかります。
【周辺環境】
 広告にある最寄駅までの所要時間は距離だけに基づいて計算されています(詳しくは<広告の見方>を参照)。必ず,自分で歩いてみて確認しましょう。子どもがいる場合は,通園,通学路も実際に子どもと一緒に確認しましょう。大人なら10分で歩ける距離でも小さな子どもと一緒だと30分以上かかる場合もあります。併せて,安全性の確認も大切です。実際に子どもが通園・通学する時間帯に,見守りの有無や車の交通量,人どおりや民家の少ないエリアがないか,また子どもが興味をひかれそうな施設の有無などを確認しましょう。また,確認はできる限り,曜日や時間を変えて何度か行いましょう。例えば日曜日の日中に確認にいって,これはよいと思っても,平日は周辺の交通量が多かったり,近所に工場など騒音のもととなる施設があったりするかもしれません。また,昼間は静かな環境なのに,夜になると近くの飲食店からの騒音や,公園が若者のたまり場になっていたなどのトラブル例もあります。 

登録者 京安心すまいセンター
最終更新日 2019-05-23 13:48:10