1. トップ
  2. 基礎知識
  3. すまいを買う・建てる
  4. <物件を探す際の注意事項>

<物件を探す際の注意事項>基礎知識

・希望条件を明確に
 住宅購入を考えて物件を探す場合,多くの人は不動産広告やチラシ,インターネットなどで探すことになります。快適な空間をイメージすることは大切ですが,漠然と広告で間取りを見るのではなく,まず優先したい条件を明確にしましょう。予算を重視するのか,交通利便性を重視するのか,生活利便性を重視するのか,周辺環境を重視するのかなど,希望条件を具体的に書き出し,優先度を決めて,物件を比較しましょう。

・時間的に余裕をもって
  物件探しには充分に時間をかけましょう。あわてて決めると,建物の不具合や環境面での問題を見落としたりして,入居後にトラブルになる可能性があります。また,いい物件が見つかったときに,不動産業者のペースに巻き込まれ,急いで結論を出してしまうことがあります。購入は焦らず,資金計画にはゆとりがあるか,物件が希望条件にあっているかなど慎重に検討しましょう。

・必ず現地を確認しましょう
 住宅を選ぶ際には,建物はもちろん,交通の利便性や買い物などの生活利便性,また周辺環境を確認することが大切です。
 例えば,広告に記載されている最寄駅までの所要時間は,距離だけに基づいて計算されています(詳しくは<広告の見方・基本>を参照)。必ず,自分で歩いてみて確認しましょう。 
現地確認はできる限り,曜日や時間 ,天候を変えて何度か行いましょう。例えば日曜日の日中に確認にいって,これはよいと思っても,平日は周辺の交通量が多かったり,近所に工場など騒音のもととなる施設があったりするかもしれません。また,昼間は静かな環境なのに,夜になると近くの飲食店からの騒音や,公園が若者のたまり場になっていたなどのトラブル例もあります。近所や地元の人に聞いたり,家族やアドバイスをしてくれる人など,たくさんの人と一緒に行くと,ひとりでは気づかないことを発見できるかもしれません。

  • 登録者 京安心すまいセンター
    最終更新日 2019-05-23 10:01:04