1. トップ
  2. 基礎知識
  3. <住宅のつくりの変遷>

<住宅のつくりの変遷>基礎知識

 日本の歴史のなかで最も古い民家は竪穴式住居です。竪穴式住居は,全国的には室町時代頃まで利用されましたが,京都では,木を切り出す技術が発達し,竪穴の周りに柱を立てて,板や植物で編んだ茣蓙(ござ)や菰(こも)で囲った掘立小屋と呼ばれる住宅ができ,民家の基本構造として普及していきました。やがてさまざまな産業が生まれ,経済が発展するとともに,現在の京町家の原型となる木造併用住宅が普及し,その姿は各種の洛中洛外図屏風にも描かれています。 初めは平屋の一間だけの住まいでしたが,徐々に奥の方に部屋が増え,やがて二階建て三間続きの住宅となり,現代の町家の原型ができあがりました。
 一方,貴族階級では,平安時代になって大陸から伝わった寝殿造の住居が広まりました。寝殿造は,母屋に屋根と庇をつけ,床板を張り,濡れ縁を巡らしたもので,内部は柱だけで壁はほとんどありませんでした。そのため,夜間や降雨時,冬場は蔀戸(しとみど)という板戸を設けたり,広い屋内では几帳(きちょう)や御簾(みす)などを間仕切りとして使用していました。厚みのある畳や薄縁(うすべり・茣蓙(ござ)のようなもの)は身分の高い人がいるところなど部分的にしか使われていませんでした。
 寝殿造は日本の気候や文化に沿うように,また公家貴の生活が贅沢になるのに伴い,だんだんと豪壮なものになっていきましたが,基本的な構造はあまり変わりませんでした。その後,権力が武家に移っていくとともに,住宅のつくりも変わり,書院造へと移っていきました。書院造は寝殿造と違い,いろいろな身分の人が同居し,それぞれの目的に合わせて空間を分けて使用できるよう,屋内を壁で仕切ることで間取りを多くしました。身分の高い者の部屋には畳が敷き詰められたり,当時貴重なものであった書籍などを飾ったりする書院・押し板・棚が作られ,それがのちの和室と床の間になったといわれています。書院造は和風建築の基礎となったといえるでしょう。

登録者 京安心すまいセンター
最終更新日 2018-11-11 13:05:33