1. トップ
  2. 基礎知識
  3. <畳について>

<畳について>基礎知識

 畳は世界で日本だけに見られるもので,その歴史は古代にまでさかのぼります。初めは莚(むしろ)や茣蓙(ござ),菰(こも)などの薄い敷物でしたが,稲作が普及するとともに藁(わら)を束ねた畳床をクッションとして,その上に薄い敷物を貼りつける,現代の畳に近い形になりました。平安時代頃までは,クッションのような役割で,部屋の一部で人が寝たり座ったりするところにのみ敷かれていましたが,鎌倉時代に武家が台頭するようになると,一部屋に身分あるものが集まる機会が増え,部屋中に畳を敷き詰めるようになりました。
 畳は藁(わら)など束ねた畳床に藺草(いぐさ)で編んだ畳表を重ねてあり,畳表が擦り切れ傷んだり,日焼けなどで変色したときは,表替えといって,畳表だけを裏返したり,張り替えたりして畳床は長く使われていました。畳表を畳床に重ねる際,短い辺は畳表を裏側まで巻いて縫い留めますが,長い辺は畳表が折りにくいため,端を切り落として,それをくるむように織物でできた畳縁(たたみべり)で縫い留めます。この畳縁は大変目立つため,貴族や武家では豪華な織物を使っていましたが,身分によって使える素材に制限がありました。また,この畳縁は,畳表より傷みやすいため,和室を歩く際は畳縁を踏まないようにするのがマナーです。
 畳は敷く枚数によって部屋の広さを表す単位としても使われますが,畳自体のサイズに例えば本間,江戸間,団地間など色々あるので,例えば「八畳間」といっても地域や時代によって実際の面積は異なります。

  • 登録者 京安心すまいセンター
    最終更新日 2018-11-11 13:05:33