1. トップ
  2. 基礎知識
  3. <省エネリフォーム>

<省エネリフォーム>基礎知識

おすまいの住宅の築年数が古く,省エネ基準を満たしていなかったり,中古住宅を購入した際などは,省エネ効果のあるリフォームを検討しましょう。 
例えば,住宅のなかで最も熱の出入りが多い窓に内窓を設けて二重化したり,ガラスをペアガラスに替えたりすることで,冷暖房効率がアップします。また,浴室をリフォームするなら浴槽を高断熱浴槽に交換することでお湯を沸かすエネルギーが節約できます。また,屋根や外壁修理するときに断熱材を設置したり,遮熱塗装を施すなど,省エネにつながるリフォームにはいろんなメニューがあります。
京都市では既存住宅を省エネリフォームした際に最大50万円の補助金が受けられます。
詳しくは京安心すまいセンターのホームページをご覧ください。
http://www.kyoto-jkosha.or.jp/sumai/taishin/index.html
お問い合わせは京安心すまいセンターまで
耐震・エコ助成ホットライン 075‐744‐1631 FAX 075-744-1637

登録者 京安心すまいセンター
最終更新日 2018-12-06 09:05:15