1. トップ
  2. 基礎知識
  3. <自分でできるエコ・ガス>

<自分でできるエコ・ガス>基礎知識

 ガス代は電気代に比べて家計に占める割合が少なかったり,都市ガスかプロパンガスかによって単価が違ったりするので,節約の目を向けにくいかもしれません。しかし,ガスを使えば必ず二酸化炭素が発生します。またガスを生産し各家庭に供給されるまでにもさまざまなエネルギーが消費されています。光熱費だけでなく地球環境の問題として,節約に取り組んでみませんか。
【浴室で】
お風呂をいれたら,なるべく家族で続けて入りましょう。追い炊きの回数が減ればガスが節約できます。また,どうしても間が空くときは必ずふたをするかお湯に浮かべるタイプの保温シートを使いましょう。
また,シャワーは出しっぱなしにせず,体や髪を洗っているときなどはこまめにとめましょう。シャワーヘッドを節水タイプのものにすれば,使うお湯の量が減りますから水道代だけでなくガス代も節約できます。給湯温度が設定できるタイプであれば,季節や使い途によってこまめに調節すれば,年間での大きな節約になります。
【キッチンで】
 調理方法では炒めもの,蒸し物,煮物,の順でガスの使用量が多くなります。煮物をする際は必ず,ふたや落し蓋をして効率アップを。時間のかかる煮込み料理のときは,市販の保温調理器を使うと火を使う時間が短縮できます。保温調理器は普通の鍋を,古くなったバスタオルを何枚か重ねて巻いたり,100円ショップで売っているアルミの防寒シートを巻くなどして代用することもできます。高温からゆっくり温度が下がることで,長時間煮込んだのと同じ効果が得られます。また,調理で使う鍋やフライパンはできるだけ少なくするよう工夫を。乾麺をゆでた汁で野菜や卵をゆでる,野菜や肉類をゆでた汁はスープに使う,目玉焼きとソーセージは一緒に調理,などでガスも時間も節約できます。洗物も少なくてすみます。
 食器洗いのときには使うお湯を減らすことで,ガスが節約できます。油汚れなどのひどいものは,洗う前に古新聞や古着を小さく切ったもので一度拭ってから洗う,こびりついた汚れは漬け置きする,洗っている間はお湯をとめ,すすぎは一度に続けて行う,などで使用するお湯の量が減らせます。

登録者 京安心すまいセンター
最終更新日 2018-12-06 09:04:42