1. トップ
  2. 基礎知識
  3. すまいを管理する
  4. 不動産相続(1) 相続の基本

不動産相続(1) 相続の基本基礎知識

相続の手続きには,次の3つのパターンがあり,状況に応じて選択することができます。

(1) 単純承認
相続人が,被相続人の財産のすべてを承継します。とくに手続きの必要はなく,下記の2つの手続きをとらなければ,承認したものとみなされます。財産には負の財産=負債も含まれますので,もし被相続人に負債があった場合,相続人はその債務の全てを弁済しなければなりません。

(2) 限定承認
相続する財産に負債が含まれる場合,単純承認のように全ての債務を負うのではなく,相続した財産の範囲内でのみ債務を負う方法です。つまり,被相続人に相続財産以上の負債があっても,相続人が自分の所有財産をもってその債務を返済する必要がありません。相続することがわかったときから3か月以内に家庭裁判所への申し立てが必要です。また,限定相続は相続人が複数いる場合,その全員が行なわなければなりません。事例としては大変少なく,相続放棄が選択される場合が多いです。

 (3) 相続放棄
 相続人が相続による承継を全面的に拒否する意思表示です。相続することがわかったときから3か月以内に家庭裁判所への申し立てが必要です。放棄した相続人はその相続に関しては最初から相続人にならなかったものとして扱われます。負債を承継したくない場合だけでなく,他の相続人との分割を求めない(他の相続人に譲りたい)ときなどに選択されます。

次の記事→ <不動産相続(2) 遺言とは>

  • 登録者 京安心すまいセンター
    最終更新日 2019-07-21 11:02:50