1. トップ
  2. 基礎知識
  3. 被災したとき
  4. 自分でできる応急処置

自分でできる応急処置基礎知識

 災害被害は短期間に限られた地域で発生するため,破損個所があってもすぐに修理業者が見つからない,見つかってもきてくれないということがあります。ご自分で応急処置ができれば,二次被害を防ぎながら,落ち着いて修理業者を選ぶことができるでしょう。

・室内に雨漏りがしたら
 一番大切なのは,室内に入った雨水をできるだけ壁や床にしみ込ませないことです。天井からの雨漏りであれば,落ちてくる場所にバケツ等を置いて雨水を受ける,という昔ながらの方法が有効です。バケツがなければ,ゴミ箱や段ボール箱にビニール袋をかぶせるなど,とにかく落ちてくる雨水を床に広げないようにしましょう。バケツの中には新聞紙や古いタオルを入れて,バケツの周りにはレジャーシートなどを敷けば,飛び散りも防げます。雨漏り箇所の下にバケツを置くのが難しい,というときは天井に紐状のものを釘付けにして,雨水を伝わせてバケツに誘導するなどの工夫をしてみましょう。雨漏りが止まったら,水気をしっかりふき取って乾かしたあと,防水テープなどで雨の侵入口をまずは内側だけでもふさぎましょう。外からの侵入口も分かれば同じように塞いだほうがいいですが,屋根など高いところの場合は非常に危険ですので,専門家の補修を待ちましょう。一階部分のひさしや,サッシ枠,外壁の亀裂など,安全に手が届く場所であれば,防水テープやコーキング剤などで応急処置をしてみましょう。

・窓ガラスが割れたら
 窓ガラスが割れた場合は,まず破片でケガをしないよう十分に気を付けながら,割れた部分をできるだけ取り除きます。その後,レジャーシートやビニール袋など防水性のあるものと段ボール紙などを重ねて,サッシや壁にテープで固定しましょう。テープは剥がれにくく防水性の高いダクトテープが最適です。

・外壁に亀裂が入ったり剥落したら
 外壁のモルタルに亀裂が入ったり,部分的にでも剥落すると,そこから雨水が侵入することで,室内に雨漏りしたり,壁の下の構造材が弱ってしまったりすることがあります。手の届く範囲であれば防水テープやコーキング剤で応急処置をして専門業者への修理を依頼しましょう。

・土壁が剥落,浸水したら
 日本固有の竹小舞下地土壁は,調湿性や防火性能・耐震性能が高く,エコな素材でもあります。また,地震などによって亀裂や剥落が生じたり,浸水した場合でも,元の壁土を再利用して土壁を塗り直すことができるのも大きな特徴です。
 被害にあった場合は,落ちた壁土はすみやかに取り除いて,できるだけ雨がかからない場所に保管しましょう。また,壁のほうも下地や下塗りが余計な水分を含まないよう,できるだけ防水シートなどで覆っておきましょう。その後はできるだけ早く,専門家に点検,補修を依頼しましょう。土壁は建物の強度に関わる耐力壁なので,傷んだところを塗り直せばよいというものではありません。建物全体を点検して,場合によっては補修だけではなく補強工事も行いましょう。
 詳しくはこちらのサイトをご覧ください。
特定非営利活動法人 関西木造住文化研究会
http://karth.org/archives/1229


こちらもあわせてご覧ください
京すまいの情報広場 基礎知識「補修工事の検討」
https://miyakoanshinsumai.com/kisochishiki/?act=detail&id=280&category=18

登録者 京安心すまいセンター
最終更新日 2020-07-14 11:13:12