1. トップ
  2. 基礎知識
  3. 被災したとき
  4. 補修工事の検討

補修工事の検討基礎知識

災害後,突然「無料で点検する」といってくる業者には,被害を大げさに報告して,不要な工事までさせる,という悪質な業者もあるようです。不安なときこそ冷静になることが大切です。まずは自宅の被害箇所,被害程度を整理して,補修工事の優先順位や依頼先を検討しましょう。被害の程度や補修の要不要が分からない,というときは,建築士など専門家に点検を依頼して,アドバイスを受けるとよいでしょう。
補修工事は,普段からつきあいのある業者があれば,そこに依頼するのが一番です。業者とのつきあいがないときは,おすまいの近くで長く営業しているところ,近所の人や知人が利用してよかったといわれているところがあれば,そこに頼んでみるのがいいでしょう。まったく心あたりがないという方は,下記のサイトから登録業者を選ぶことができます。

一般社団法人住宅瑕疵担保責任保険協会「登録事業者等の検索サイト」
http://search-kashihoken.jp/

業者は2~3社程度に声をかけて,見積もり金額や見積書の内容を比較しましょう。金額だけではなく,工事内容や仕様,価格などについて丁寧に説明してくれるかなど,信頼できるかどうか,充分に検討してから発注しましょう。また,工事中や工事後のトラブルをさけるため,発注するときは必ず請負契約書を交わして,工事金額や期間,追加工事が必要になったときにどうするか,工事後の保証期間などを確認してください。

工事業者の種類や選び方などの基礎知識はこちら
京すまいの情報広場 「すまいをリフォームする」
https://miyakoanshinsumai.com/kisochishiki/?act=list&category=1

 

登録者 京安心すまいセンター
最終更新日 2020-03-24 15:46:14