1. トップ
  2. 目的別絞り込み

目的別絞り込み:すまいを耐震化する

基礎知識

もっと見る

閉じる

お悩み相談Q&A

連棟の家に住んでいます。自分の家だけ耐震化できますか。
耐震化は建物全体で行うのが基本です。連棟のうち一戸だけ耐震化しても充分な効果が得られない場合があります。できれば,連棟全体で耐震化できるように,他の住戸にも声をかけて話し合ってみましょう。
リフォーム業者から,耐震工事をしたほうがよいといわれましたが,柱や壁面の工事をすべて行うとなると,費用が高すぎます。あまり費用のかからない地震対策はありませんか。
建物全体をリフォームする予算がない場合は,住戸内に耐震シェルターを設置する方法があります。シェルターは建物自体の構造は変えず,今ある室内に新しく強度の高い構造物を作るので,建物全体の補強にはなりませんが,非常時の避難スペースとしては大変有効です。京都市ではシェルターの設置工事に最大30万円の補助金を交付します。
耐震強度を上げるにはどんな工事がありますか?
まず,現状の建築物の健全化のために,土台または柱などの劣化の修繕工事,歪みを補正する工事,基礎のひび割れなどの補修工事があげられます。そのほかの工事として,屋根の軽量化や耐震壁の設置,屋根構面や2階床面など水平構面の強化,基礎の増設なども有効です。

もっと見る

閉じる