1. トップ
  2. 目的別絞り込み

目的別絞り込み:すまいをエコ化する

お悩み相談Q&A

自宅に太陽光発電を設置するか悩んでいます。蓄電システムも合わせて設置するとかなりの出費になりますが,この費用は回収できるのでしょうか。
 天災に遭って故障するなどの不測の事態を除いて長期的にみれば,回収できます。太陽光発電システムは設置場所などの条件で,発電量が違うので,回収にかかる年数を特定することは難しいですが,自宅で発電した電気を使用すれば毎月の電気代は下がり,また余った電気は固定価格買取制度で売電もできるので,設置費用は回収することができます。
大規模な工事などをせずに,暖房の効率を上げる方法はありますか。
 窓ガラスを二重にすると効果的ですので,ホームセンターで購入できる簡易型の内窓を設置する方法もあります。また,手軽な工夫として,窓用断熱シートを窓に貼り付けることで,窓からの冷気を遮断し,結露も防止できます。床には,アルミ蒸着断熱シートをホットカーペットやこたつの下に敷くと熱が逃げにくくなります。とくに足元の冷えやすい台所の床には効果的です。
暖房にエアコンを使っていますが,なかなか部屋が暖かくなりません。暖房効率を上げる方法はありますか。
 暖かい空気は天井付近に集まるので,いくら暖房器具を使っても部屋全体が暖まらない場合があります。その際は,エアコンの風向きを下向きに調節したり,扇風機やうちわを使って空気を混ぜるなどするといいでしょう。
冬になると暖房にかなり費用がかかります。どんな暖房設備が省エネに向いていますか。
 光熱費,二酸化炭素の排出量,どちらを見てもエアコンが一番少なく,省エネ効果が高いといえます。また,こたつも限られたスペースだけを暖めるため,大変効率がよい暖房設備です。
地球温暖化による異常気象のニュースをよく聞きます。個人レベルでできる温暖化対策はあるのでしょうか。
 家庭ではまず電気の使用量を減らすことが大切です。家庭での二酸化炭素排出量は第一位が冷蔵庫やテレビ,照明などの家電,第二位が自動車,第三位が給湯設備,第四位が暖房設備となっています。冷蔵庫の適正な使用(詰め過ぎない,扉の開閉を少なくするなど),テレビ,照明はこまめに消すなどが,エコライフの第一歩です。

もっと見る

閉じる