1. トップ
  2. すまいづくりニュース
  3. すまいの文化 ~昔の知恵から学ぶ 夏のすまい方~

すまいの文化 ~昔の知恵から学ぶ 夏のすまい方~

2020.08.07

オフィスビル街から一筋,二筋と路地に入れば,京都らしい歴史を感じる建造物があります。
街並みを散策すると,町家の二階から掛けられた簾や商店入り口の暖簾などから,昔と変わらぬ京都の風情を感じることがでます。

京都は,三方を山で囲まれ,南に開いた盆地です。東西の山地とは断層で切られて中央が落ち込み盆地となっています。
梅雨の季節はひときわ蒸し暑く,梅雨が明け,夏を迎える頃には,昼間の暑さも厳しいですが,夜も気温が上昇するため,寝苦しさは最高潮。

平安時代から,夏の暑さを耐えしのぐため,京都の気候風土に合わせ,洋服を衣替えするように家も衣替えをしていました。
風の通り道をつくりため,建具を夏障子とすだれに取り替えます。
また,通り庭や通路に打ち水をし,風鈴を飾るなど,五感を通じて涼を感じる工夫がされていまいた。

生活スタイルが変わった今でも使える「夏のすまい方」を,昔の知恵から取り入れてみてはどうでしょうか。


<京すまいの情報広場 関連サイト>
 〇『すまいの文化を知る』基礎知識
 ・京都のくらし・昔の知恵 京の夏のすまい方② 夏の衣替え(2019年7月4日掲載)
  https://miyakoanshinsumai.com/kisochishiki/?act=detail&category=9&id=30
 ・京都のくらし・昔の知恵 京の夏のすまい方③ 納涼(2017年7月11日掲載)
  https://miyakoanshinsumai.com/kisochishiki/?act=detail&category=9&id=31
 ・建具について(2019年5月24日掲載)
  https://miyakoanshinsumai.com/kisochishiki/?act=detail&id=175&category=9  

 

登録者 京安心すまいセンター
最終更新日 2020-09-01 17:26:27