1. トップ
  2. よくある相談 Q&A
  3. すまいを買う・建てる
  4. 家を新築する際,隣人に境界から50cm以上離すよういわれましたが,離さないといけませんか

家を新築する際,隣人に境界から50cm以上離すよういわれましたが,離さないといけませんか

Q. 家を新築するにあたり,土地が狭いのでなるべく境界線ぎりぎりまで使って建てる予定ですが,隣人から50cm以上離すよういわれました。建築会社は建築確認申請が通っているから大丈夫だといいますが,隣人のいうとおり離さないといけないのでしょうか

A. 建物の外壁の位置については,建築基準法等で規定されている一部の区域を除いて規定されていません。しかし,民法第234条には,「建物を築造するには,境界線から50センチメートル以上の距離を保たなければならない」とあります。一方同じ民法第236条には,「異なる慣習があるときはその慣習に従う」ともあります。これは,地域の住民が自主的に守っている決まりのほうが民法より優先されるということで,お住まいの地域が50センチメートル以上の距離を保っている地域なら違法ですが,そうでない場合は違法ではありません。周辺にすでに建っている家の間隔を,よく確認してみましょう。

こちらもあわせてご覧ください
イベントレポート すまいスクール 他人事ではない!隣家トラブル「家の解体・建築工事編」
https://miyakoanshinsumai.com/report/?act=detail&id=22

登録者 京安心すまいセンター
最終更新日 2019-08-30 13:04:36