すまいを災害から守る

すまいは常に雨風にさらされ,少しずつ劣化していきます。建物に不具合がある状態で地震や台風などの災害にあうと、自宅の破損や倒壊などの被害だけでなく,近隣へも被害が拡大する可能性があります。
災害はいつくるか分からないため,日頃からの備えが必要です。万が一,被災した場合に必要な知識も付けておくと安心です。

2018年の大阪府北部を震源とする地震,台風21号などが発生した際に京都市,大阪市,神戸市の「すまいの相談窓口」に寄せられた相談内容のまとめ

(査対象期  2018年6月18日~2019年5月31日)

大阪府北部を震源とする地震

台風21号など

みやこ安心すまいセンター

公益財団法人 京都市景観・まちづくりセンター

すまいるネット:神戸市住まいの総合窓口

おおさか・あんじゅ・ネット:大阪市立住まい情報センター

ページの先頭へ戻る

みやこ安心住まいセンター(安心安全の住まいづくりを応援!住まいのワンストップ総合窓口)

京都市住宅供給公社(安心のすまいを信頼とともに)

京都市すこやか住宅ネット