「すまいを適切に管理する」に関するQ&A

隣家の解体で自宅への被害が心配です。どのような影響がありますか。

隣家の解体工事で,壁や基礎に亀裂が生じたり,戸が開けにくくなったり,予期しない不具合が生じる恐れがあります。解体工事が行なわれる前に,隣家の持ち主に事前の家屋調査をするように依頼しましょう。また,実際に工事中に不具合が発生した場合,どのような対処をしてくれるのか,文書に残しておくことが必要です。
 隣家が家屋調査をしてくれない場合は,費用がかかりますが,自ら調査をしておく方法もあります。工事後,なんらかの不具合が見つかって損害賠償請求を行う場合,有効な証拠となります。

こちらもあわせてご覧ください
○イベントレポート 他人事ではない!隣家トラブル「家の解体・建築工事編」
https://miyakoanshinsumai.com/report/?act=detail&id=22

登録者京安心すまいセンター
最終更新日2022-03-07 15:59:20

カテゴリに戻る

ページの先頭へ戻る

みやこ安心住まいセンター(安心安全の住まいづくりを応援!住まいのワンストップ総合窓口)

京都市住宅供給公社(安心のすまいを信頼とともに)

京都市すこやか住宅ネット