「すまいを建てる / 近隣(工事)」に関するQ&A

家を新築したところ隣人から,窓に目隠しをつけるよう言われましたが,つけないといけませんか。

民法第235条第1項に,「境界線から1メートル未満の距離において他人の宅地を見通すことができる窓又は縁側(ベランダを含む)を設ける者は,目隠しを付けなければならない」と規定されています。ただし,民法第236条には,「異なる慣習がある場合は,その慣習にしたがう」とありますので,お住まいの地域でそのような慣習がなければ,設置する必要はありません。その場合でも,今後の近所付き合いや,互いのプライバシー保護の観点から,充分に話し合いをして,必要であれば目隠しを設置することを考えましょう。

こちらもあわせてご覧ください
イベントレポート すまいスクール 他人事ではない!隣家トラブル「家の解体・建築工事編」
https://miyakoanshinsumai.com/report/?act=detail&id=22

登録者京安心すまいセンター
最終更新日2022-03-07 15:59:20

カテゴリに戻る

ページの先頭へ戻る

みやこ安心住まいセンター(安心安全の住まいづくりを応援!住まいのワンストップ総合窓口)

京都市住宅供給公社(安心のすまいを信頼とともに)

京都市すこやか住宅ネット