「すまいを売る」に関するQ&A

自宅の売却で,引き渡し後に,工場の騒音について契約の際に説明がなかったとして,損害賠償を請求されました。応じなければなりませんか。

不動産売買においては,引き渡した物件が種類又は品質に関して契約の内容に適合しないことがある場合,それに対して改善する責任(契約不適合責任)を負います。知っていたにもかかわらず告げなかった騒音等の環境的瑕疵についても、契約不適合責任を問われる場合があります。その場合,買主は,契約内容の不足分等を求める追完請求や代金の減額請求のほか,損害賠償請求や契約を解除することができますが,騒音をなくすことは難しいため、追完請求に応じることは困難と言えます。代金の減額に応じるか,場合によっては損害賠償に応じなければならない可能性がありますので,専門家に相談しましょう。
このようなトラブルを回避するには,「告知書には知っていることは全て記載する」「売買契約書に契約不適合責任の免責条項を設ける」等の方法があります。

登録者京安心すまいセンター
最終更新日2022-03-07 15:59:19

カテゴリに戻る

ページの先頭へ戻る

みやこ安心住まいセンター(安心安全の住まいづくりを応援!住まいのワンストップ総合窓口)

京都市住宅供給公社(安心のすまいを信頼とともに)

京都市すこやか住宅ネット