「すまいを適切に管理する」に関するQ&A

隣の敷地との間にある境界塀が老朽化し倒壊が心配です。誰が直すものですか。

境界塀を直すのは,その境界塀の所有者です。所有者を特定するには,まず,土地の境界線がどこにあるかを確認し,その土地の所有者が塀の所有者となります。塀の中心が境界線である場合は,塀は両者の共有物となります。双方で共有している場合は,両者で補修方法や費用負担について話し合って直します。

登録者京安心すまいセンター
最終更新日2022-03-07 15:59:20

カテゴリに戻る

ページの先頭へ戻る

みやこ安心住まいセンター(安心安全の住まいづくりを応援!住まいのワンストップ総合窓口)

京都市住宅供給公社(安心のすまいを信頼とともに)

京都市すこやか住宅ネット