「すまいを適切に管理する」に関するQ&A

実家が空き家になり,瓦が落ちたと隣家から苦情が入りました。売却した方がよいでしょうか。

家は人が住んでいないと老朽が進みます。将来的に人が住む予定がある場合は,定期的な点検を行いながら適切に管理する必要があります。しかし,長い間,何もせず放置した後では,建物の老朽化が進み,いざ住もうと思った時には,多額の修繕費用がかかったり,売却するにも困難となるケースがあります。住まない間は賃貸に出す等活用することで,極端な劣化を食い止めることもできます。
売却した方がいいのかなど,自己判断ができるよう,活用方法等について,早い段階で専門家に相談することをお勧めします。

空き家相談窓口 空き家がある区役所又はまち再生・創造推進室まで
https://www.city.kyoto.lg.jp/tokei/page/0000165540.html

不動産(空き家等)活用相談窓口   まち再生・創造推進室 075-222-3503
https://www.city.kyoto.lg.jp/tokei/page/0000280375.html

登録者京安心すまいセンター
最終更新日2022-03-07 15:59:20

カテゴリに戻る

ページの先頭へ戻る

みやこ安心住まいセンター(安心安全の住まいづくりを応援!住まいのワンストップ総合窓口)

京都市住宅供給公社(安心のすまいを信頼とともに)

京都市すこやか住宅ネット