「すまいをリフォームする」に関するQ&A

リフォーム工事に不具合が多く,補修を求めていますが対応してもらえません。どうすればよいですか。

建築工事請負契約においては、工事後に不具合がある等,契約の内容に適合しないことがある場合,工事請負業者は契約不適合責任を問われます。注文者には修繕を求める追完請求権があり,それに応じてもらえない場合は,代金の減額請求や損害賠償請求,状況によって契約解除も可能となります。ただし,注文者は不適合を知った時から1年以内に工事請負業者に通知する必要があります。また,修繕に多額の費用を要する場合は,それらの権利はなくなります。
 まずは,請負工事業者との話し合いが必要です。話し合いに応じてもらえない場合は,セカンドオピニオンとして専門家に判断してもらう等の対応が必要です。

登録者京安心すまいセンター
最終更新日2022-03-07 15:59:20

カテゴリに戻る

ページの先頭へ戻る

みやこ安心住まいセンター(安心安全の住まいづくりを応援!住まいのワンストップ総合窓口)

京都市住宅供給公社(安心のすまいを信頼とともに)

京都市すこやか住宅ネット