「すまいを適切に管理する」に関するQ&A

隣家が老朽化で傾いています。修理を要求できますか。

 老朽化している住宅は,自然災害等で倒壊または破損する恐れがあり,放置していると危険です。隣接している住宅に被害が及ぶことが明らかな場合は,隣接している住宅の所有者は,被害を未然に防ぐ対策が必要です。まずは隣人に状況を改善してもらう必要がありますが,話し合いによって解決できない場合もあります。その場合は,自宅側にフェンスや塀などを建てる等の方法で対処することもできます。専門家に相談して対応策を検討しましょう。

 危険度,緊急性が高いと思われるときは,下記に連絡してください。
京都市都市計画局 建築安全推進課 075-222-3613

空き家の場合は,区役所に連絡してください。
各区役所の連絡先はこちらからhttps://www.city.kyoto.lg.jp/hokenfukushi/page/0000027471.html

それを未然に防ぐことは大切です。自宅を守る権利があり,その権利が侵害されそうな場合,その予防を要求するのは正当なことです。ただし,隣人が必ずその要求に応じるかどうかはわかりません。隣人と話し合っても解決できないようなら,被害を未然に防ぐために自宅側にフェンスや塀を建てることを検討してはどうでしょう。

登録者京安心すまいセンター
最終更新日2022-03-07 15:59:20

カテゴリに戻る

ページの先頭へ戻る

みやこ安心住まいセンター(安心安全の住まいづくりを応援!住まいのワンストップ総合窓口)

京都市住宅供給公社(安心のすまいを信頼とともに)

京都市すこやか住宅ネット