「すまいを買う / すまいを災害から守る」に関するQ&A

建売住宅の建築中に売買契約をしましたが,引渡し前に台風にあい,屋根が一部剥がれ,雨漏りがしています。売買契約を解除できますか。

標準的な不動産売買契約書には,引き渡し前に,災害など売主,買主のどちらの責任でもなく売買される住宅が全壊するなど,住宅としての価値がなくなった場合,売主又は買主は契約を解除できるとしています。この場合,売主はすでに受領している代金があれば返還しなければなりません。
しかし,破損したのが一部であれば,売主側が修理して引き渡す義務があります。
買主がその修理を拒んで契約を解除する場合,手付金を放棄することになるでしょう。
まずは,契約書の内容をよく確認したうえで,販売業者と話し合いましょう。

登録者京安心すまいセンター
最終更新日2022-03-07 15:59:20

カテゴリに戻る

ページの先頭へ戻る

みやこ安心住まいセンター(安心安全の住まいづくりを応援!住まいのワンストップ総合窓口)

京都市住宅供給公社(安心のすまいを信頼とともに)

京都市すこやか住宅ネット