「すまいを災害から守る」に関するQ&A

地震で自宅が全壊しました。住宅ローンが残っていますが,続けて支払う必要はありますか。

災害で自宅がなくなった場合にも,住宅ローンの支払いは必要です。
自宅が全壊すれば建物への抵当権はなくなりますが,債務(住宅ローンの返済)自体は残っていますので,支払いの義務があることには変わりありません。
再建やリフォームのために住宅ローンを利用すると,既存の住宅ローンと二重の負担(二重ローン)となり,返済に係る金銭的負担が大きくなるので注意が必要です。ただ,被害が甚大で「災害救助法」が適用された自然災害の影響でローンの返済が困難になった場合は,債務整理することでローンの減免を受けられる制度があります。詳しくは下記をご覧ください。

内閣府 自然災害債務整理ガイドライン
https://www.gov-online.go.jp/useful/article/201607/1.html

登録者京安心すまいセンター
最終更新日2022-03-07 15:59:20

カテゴリに戻る

ページの先頭へ戻る

みやこ安心住まいセンター(安心安全の住まいづくりを応援!住まいのワンストップ総合窓口)

京都市住宅供給公社(安心のすまいを信頼とともに)

京都市すこやか住宅ネット