「分譲マンションに住む」に関するQ&A

分譲マンションのベランダの窓ガラスが割れました。管理会社に確認すると,修理は各区分所有者がするものと言われました。

分譲マンションでは,専有部分の改修は区分所有者が,共用部分の改修は管理組合が行います。国土交通省が作成しているマンション標準管理規約では,「窓およびガラスは専有部分に含まない」としています。つまり窓ガラスは共用部分であるため,破損した場合は管理組合が修理することになります。しかし,「通常の使用に伴うものについては、専用使用権を有する者がその責任と負担においてこれを行わなければならない」としていますので,大規模修繕などの計画的に管理組合が主体となって行う工事や,第三者の犯罪行為によって破損した場合は管理組合が負担するものと解されます。まずは,管理規約をよく確認するとともに,管理組合に相談しましょう。

登録者京安心すまいセンター
最終更新日2022-03-07 15:59:20

カテゴリに戻る

ページの先頭へ戻る

みやこ安心住まいセンター(安心安全の住まいづくりを応援!住まいのワンストップ総合窓口)

京都市住宅供給公社(安心のすまいを信頼とともに)

京都市すこやか住宅ネット