旧耐震と新耐震の違い

耐震基準とは,建築基準法や建築基準法施工令などによって定められた,建築する建物が最低限満たすべき地震への耐性基準のことです。
1981年(昭和56年)5月31日以前の基準で設計された建物を旧耐震基準と言い,1981年6月1日以降に設計された建物は新耐震基準とされています。 旧耐震基準では震度5の揺れ,新耐震基準では震度7の大きな地震でも全壊しないのを基準として設計されています。
旧耐震基準の建物でも,耐震リフォーム工事を行えば,新耐震同等の耐震強度が得られます。

登録者京安心すまいセンター
最終更新日2022-03-07 15:59:11
ページの先頭へ戻る

みやこ安心住まいセンター(安心安全の住まいづくりを応援!住まいのワンストップ総合窓口)

京都市住宅供給公社(安心のすまいを信頼とともに)

京都市すこやか住宅ネット