契約時に必要な書類

申込後,契約までに提出を求められる書類としては以下のようなものが一般的です。
契約する本人 ・住所を確認できる書類(住民票など)
       ・勤務先証明書(社員証など)
       ・収入証明(源泉徴収票や納税証明)
       ・学生証など
連帯保証人  ・印鑑証明
       ・保証書
       ・収入証明など
 連帯保証人は賃借人と同等の支払い責任を負うもので,債務が発生した場合,賃借人と同等の債務を返済する義務がありあす。最近では,連帯保証人の替わりに,あるいは同時に家賃保証会社との保証契約を求められる場合もあります。
 家賃保証会社は,借主の支払いを保証する会社で,借主との間に契約を締結します。借主が家賃を滞納した場合,保証会社が代わって貸主に家賃を支払い,後で借主に請求するのが業務です。保証会社がこのような立て替えを行った場合,家賃以外に事務手数料などを請求されることがありますので,契約時にはよく確認しましょう。

登録者京安心すまいセンター
最終更新日2022-03-07 15:59:09
ページの先頭へ戻る

みやこ安心住まいセンター(安心安全の住まいづくりを応援!住まいのワンストップ総合窓口)

京都市住宅供給公社(安心のすまいを信頼とともに)

京都市すこやか住宅ネット