見積書と商談

業者を決める際には,必ず複数社に見積りを依頼しましょう。見積りには設計図面と建材や商品名が書かれた仕様書がついているのが一般的です。見積りを依頼する際は複数社に見積りを依頼していることを伝え,比較しやすいように同じ条件を伝えることが大事です。
 まだ,依頼すると決めているわけではないので,遠慮があるかもしれませんが,できるだけ率直に要望を出し,わからないことは質問することで,業者の考え方や工事の進め方を知ることができます。
 また,商談時にはどこまでが無料でどこからが有料かを確認しましょう。例えば打合せの内容を簡単に書いた手書きの図面とおおまかな見積りは無料,その後正式な図面を書くのは有料,ショールームへの同行は無料,インテリアコーディネーターは有料といった場合があります。その線引きを明確にしておかないと,親切だと思った業者に,後から思わぬ費用の請求を受けることがありますので,しっかり話し合うことが大事です。

登録者京安心すまいセンター
最終更新日2022-03-07 15:59:10
ページの先頭へ戻る

みやこ安心住まいセンター(安心安全の住まいづくりを応援!住まいのワンストップ総合窓口)

京都市住宅供給公社(安心のすまいを信頼とともに)

京都市すこやか住宅ネット