瑕疵保険

リフォームは工事終了後に,施工不良などの原因で不具合が出て,それが原因でトラブルになることがあります。
リフォーム瑕疵保険は保険会社の建築士による検査と,工事後に欠陥があったときの保証がセットになった保険制度で,施工業者が工事ごとに加入します。瑕疵保険に加入しておくことで,後日工事に欠陥があった場合,補修費用などの保険金が施工業者に支払われるので,スムーズな改修につながります。加入手続きは施工業者が行いますので,加入を希望する場合は契約前に施工業者と協議しましょう。瑕疵保険に加入してあれば,万が一施工業者が倒産した場合,保険会社から発注者に直接保険金が支払われます。

登録者京安心すまいセンター
最終更新日2022-03-07 15:59:10
ページの先頭へ戻る

みやこ安心住まいセンター(安心安全の住まいづくりを応援!住まいのワンストップ総合窓口)

京都市住宅供給公社(安心のすまいを信頼とともに)

京都市すこやか住宅ネット