京都らしい省エネ住宅 効果的な窓の断熱

◆省エネに大きな効果がある窓の断熱

・窓の性能は熱の出入りや結露を防ぐために重要であり,住宅全体の断熱性能にも大きく影響します。断熱性能の高いサッシとガラスを組み合わせることで快適に暮らせます。
・また既存の窓の内側にもう一つ窓を設ける「内窓」も比較的簡単で効果的です。

◆サッシの種類と特徴

・アルミサッシ
一般的によく用いられますが,断熱性能が低く,サッシ枠で結露することも少なくありません。
・複合サッシ
室内側のアルミなどのサッシ枠を,断熱性能の高い樹脂や木材で覆ったサッシです。
・樹脂サッシ
断熱性能の高い樹脂でつくられたサッシです。そのため結露が生じにくくなっています。
・木製サッシ
木には高い断熱性能があります。近年は技術向上により気密性も高い製品が増えています。

◆ガラスの種類と特徴(下図参照)

・複層ガラス
2枚の板ガラスの間に乾燥空気などが入っており,断熱性能を高めています。新築住宅では一般的です。
・Low-E複層ガラス
ガラス内面の金属膜が断熱性能を高めています。日差しを取り込むものと防ぐものがあります。
・トリプルガラス
3枚のガラスの間に乾燥空気などが入っており,複層ガラスより更に断熱性能が高くなっています。

◆窓ラベル(下図参照)

・窓商品には,省エネ性能を示す「窓ラベル」が示されているものがあります。等級の高い商品を選ぶことで,快適に暮らすことができます。(※)
・ラベル表示は塗られた星が多いほど,高い断熱性能であることを表します。
※出典:一般社団法人 日本サッシ協会

→京都省エネ住宅めぐりへhttps://miyakoanshinsumai.com/eco/

京都市内でリフォームとして窓の断熱改修(内窓設置や窓・ガラス交換など)を行う場合,市の補助制度の対象となる場合があります。
詳しくは以下をご覧ください。
→京都市既存住宅省エネリフォーム支援事業(京都市HP)https://www.city.kyoto.lg.jp/tokei/page/0000197117.html

 

複層ガラス
Low-Eガラス
トリプルガラス
窓ラベル
登録者京安心すまいセンター
最終更新日2022-03-07 15:59:09
ページの先頭へ戻る

みやこ安心住まいセンター(安心安全の住まいづくりを応援!住まいのワンストップ総合窓口)

京都市住宅供給公社(安心のすまいを信頼とともに)

京都市すこやか住宅ネット