京都らしい省エネ住宅 心地よい風通し

◆風の通り道の確保 ~自然の風を取り込んで快適に暮らす~

・風向きに合わせた風の通り道の確保や高窓の利用などを組み合わせることで,室内に自然の風を取り入れ
て快適に暮らしつつ,冷房エネルギーを3~9%ほど削減できます。(※)

※出典:(一財)建築環境・省エネルギー機構 発行「温暖地版 自立循環型住宅への設計ガイドライ
ン」

〇京都らしい暮らしの工夫<建具>

・京町家では天井と鴨居の間に欄間を設けて通風や採光を確保したり,季節に合わせて建具を入れ替えたり
して,快適な環境を保ってきました。
・現代の住まいにおいても,環境調整がしやすい建具(引き戸や欄間つきドアなど)を取り入れることで快
適に過ごせます。

→京都省エネ住宅めぐりへhttps://miyakoanshinsumai.com/eco/

 

風のとおり道の確保
高窓の利用
欄間を通じて風や光を確保
簀戸(すど:すだれをはめ込んだ建具),夏障子で風通しよく
登録者京安心すまいセンター
最終更新日2022-03-07 15:59:09
ページの先頭へ戻る

みやこ安心住まいセンター(安心安全の住まいづくりを応援!住まいのワンストップ総合窓口)

京都市住宅供給公社(安心のすまいを信頼とともに)

京都市すこやか住宅ネット