京都らしい省エネ住宅 自然素材の安らぎ

◆自然素材の利用(木)

・木の香り成分の「フィトンチッド」には,血圧の上昇を抑えたり,脈拍を整えたりする効果があるとされており,温かみのある空間の中でリラックスして過ごすことが出来ます。(※)
※出典:森林・林業学習館
・地域産材を利用すると,材料輸送時に排出されるCO₂を削減でき,環境に配慮することも出来ます。
(下記グラフ参照)

◆自然素材の利用(塗り壁)

・土壁や珪藻土,漆喰などの塗り壁は,湿度が高い場合は吸湿し,低い場合は放湿して室内を快適に保ちます。

→京都省エネ住宅めぐりへhttps://miyakoanshinsumai.com/eco/

 

木をふんだんに使用した内装
木造住宅の木材輸送過程CO₂排出量
珪藻土仕上げの土壁
塗り壁による調湿
登録者京安心すまいセンター
最終更新日2022-03-07 15:59:09
ページの先頭へ戻る

みやこ安心住まいセンター(安心安全の住まいづくりを応援!住まいのワンストップ総合窓口)

京都市住宅供給公社(安心のすまいを信頼とともに)

京都市すこやか住宅ネット