省エネ住宅事例⑧築38年の劇的リノベーションマンション

この工事事例は「京都らしい省エネ住宅に取り組む事業者」の皆様に協力をいただいて紹介しています。

温もりを取り戻した「スタイリッシュリフォーム」

◆コンセプト・お施主様の要望と解決方法
湿気による結露で痛みが激しい築38年のマンションでしたが、スケルトン状態から 断熱材の施工と全ての下地を新たに施しました。仕上げには無垢材をふんだん使用し、 裸足になっても気持ち良い、温もり溢れるナチュラルモダン空間に大変身しました。 限られたスペースの中で、収納や動線機能を考慮し、暮らしやすい新築同様の住まい になっています。

画像を表示

◆設計・施工時のポイント
結露の原因をしっかりとらえて,室内の温熱環境を徹底的に改善しました。断熱材はスタイロフォームを使用。一部壁の仕上げには呼吸する塗り壁材も使用しています。無垢材は床にオーク材,壁にパイン材を施し,視覚にも触覚にも「木肌」のやさしさを直に感じとれる癒しのリノベーションにしました。

◆お施主様の声
・収納が多くて助かります。
・寝室に隣接する書斎が役に立っています。
・冬場はとても暖かくて快適です。

Web de 住宅めぐりへ

スケルトン状態の様子
断熱材施工状態の様子
資料ダウンロード築38年の劇的リノベーションマンション
登録者京安心すまいセンター
最終更新日2022-03-07 15:59:27
ページの先頭へ戻る

みやこ安心住まいセンター(安心安全の住まいづくりを応援!住まいのワンストップ総合窓口)

京都市住宅供給公社(安心のすまいを信頼とともに)

京都市すこやか住宅ネット