パッシブハウスとは

ドイツにあるパッシブハウス研究所が地球環境に優しく,住み心地の良い家を作り出すために確立した省エネ基準に基づいて建てられた住宅です。「パッシブ」とは英語で「受動的」を意味し,他の省エネ住宅と同じく,主に建物の断熱性や気密性が高いことに加えて,太陽光や風,水などの再生可能エネルギーを利用することで快適に暮らすことが出来るように考えられています。
断熱性能はほかの省エネ住宅よりもかなり高く,たとえば一般的な省エネ住宅では窓を二重窓にしたり,ペアガラスにして断熱性能を上げますが,パッシブハウスでは自然の光や風を取り入れるためにガラス窓を大きくした分,三重ガラスにすることで断熱性能を高めるなどの工夫がされます。また,他の省エネ住宅よりも設計の自由度が高く,デザインにこだわりながら省エネ性能を上げられるというメリットがあります。その一方,自然からの恩恵を受けることを前提としたパッシブハウスは,立地によって建設には向かない場合があります。

詳細については以下からご覧ください。
PASSIVE HOUSE JAPAN
https://passivehouse-japan.org/ja/

登録者京安心すまいセンター
最終更新日2022-03-07 15:59:09
ページの先頭へ戻る

みやこ安心住まいセンター(安心安全の住まいづくりを応援!住まいのワンストップ総合窓口)

京都市住宅供給公社(安心のすまいを信頼とともに)

京都市すこやか住宅ネット