長期優良住宅とは

長期にわたり良好な状態で使用するための措置がその構造及び設備に講じられた優良な住宅として所管行政庁により認定された住宅を指します。認定を受けるための基準が新築・増改築でそれぞれ設けられています。認定の為の基準は以下のようになります。

1.住宅の構造及び設備について長期にわたり良好な状態で使用するための措置が講じられていること。
 (劣化対策・耐震性・省エネルギー性・維持管理・更新の容易性・可変性・バリアフリー性の6つの性能項目のこと。)

2.住宅の面積が良好な居住水準を確保するために必要な規模を有する事。
 (地区計画・景観計画・条例・建築協定などと調和を図ること)

3.地域の居住環境の維持・向上に配慮されたものであること。
 (住戸面積が一戸建ての場合,1階40㎡以上,全体75㎡以上)

4.維持保全計画が適切であること。
 (構造耐力上主要な部分,設備部分などについて定期的な点検・補修等に関する計画を策定すること)

以上の基準を満たし,認定を受けることで,税の優遇措置や補助金,融資を受けることが出来ます。
 ただし,認定を受けた後は維持保全計画に基づいて,維持保全の実施,記録の作成・保存をしなければなりません。

詳細については以下からご覧ください。
国土交通省 長期優良住宅のページ
https://www.mlit.go.jp/jutakukentiku/house/jutakukentiku_house_tk4_000006.html

登録者京安心すまいセンター
最終更新日2022-03-07 15:59:09
ページの先頭へ戻る

みやこ安心住まいセンター(安心安全の住まいづくりを応援!住まいのワンストップ総合窓口)

京都市住宅供給公社(安心のすまいを信頼とともに)

京都市すこやか住宅ネット