住宅ローン

 住宅ローンは、住宅を購入する際に利用できる融資で,金融機関が提供する商品によって融資の条件は様々です。それによって毎月支払う返済金額も変わるため,返済計画に大きな影響を及ぼします。時間をかけてじっくり検討することが必要です。

金融機関を決める
 住宅を購入する場合,多くの人が金融機関から融資を受けて,最長35年といった長い期間にわたり,月々決まった金額を金融資機関に返済します。金融機関によって様々な商品が用意されていますので,どこの金融機関で融資を受けるのか検討する必要があります。購入する不動産会社から金融機関を斡旋される場合もあるようですが,融資の条件などをじっくり比較検討し,返済計画をしっかり立てた上で選択することが大切です。

返済方法の検討
 返済方法には,利息と元本を合わせて返済額が均一になる「元利均等返済」や,元本が均一の「元金均等返済」があります。金利のタイプは,大きく分けると「固定金利」「変動金利」の2種類あり,返済期間は長ければ長いほど利息は増えるため支払総額は大きくなります。一方,返済期間を短くすれば返済総額は少なくなりますが,月々の支払いが増えるため,家計の負担は大きくなってしまいます。先々のことを考えて返済方法を選択する必要があります。
 また,住宅ローンを組むにあたっては,万が一に備え,生命保険や火災保険などの加入も必要です。

  • 住宅ローンの種類
    公的融資 ・・・公的機関が提供している融資 (財形住宅融資など)
    民間融資 ・・・民間の金融機関が提供している融資
    住宅金融支援機構・・・民間の金融機関と共同で提供している(フラット35など)
  • 金利のタイプ
    固定金利・・・返済期間中,金利が変わらない
    変動金利・・・半年に一度,金利の見直しがある
    固定金利期間選択型・・・選択した期間の金利が固定される
  • 返済方法
    元利均等返済・・・毎月支払う返済額が一定
    元金均等返済・・・返済が進むにつれて,返済額減っていく

住宅ローンを利用した場合に受けられる支援制度
 その他,住宅ローンを組むと,契約者によっては,「住宅ローン控除」「すまい給付金」といった制度を利用することができます。(いずれも期間限定の制度であり,利用するためには一定の条件を満たす必要があります。)
 すまいの支援制度はこちらから確認できます。

登録者京安心すまいセンター
最終更新日2022-03-07 15:59:08
ページの先頭へ戻る

みやこ安心住まいセンター(安心安全の住まいづくりを応援!住まいのワンストップ総合窓口)

京都市住宅供給公社(安心のすまいを信頼とともに)

京都市すこやか住宅ネット