売却の依頼

住宅を売却するには,自分で予め相場を調べたり,建物の劣化状況を把握しておくことが大切です。複数の不動産会社に査定を依頼し,売却についてある程度のイメージが出来れば,次は,不動産会社に正式に売却を依頼します。
売却の依頼は,物件の売却業務について,不動産会社と媒介契約を交わすことが一般的です。不動産会社は,その契約業務の範囲において,物件の売却について売主のサポートをします。まずは,不動産会社が何をしてくれるのかを知っておきましょう。

・価格査定と売り出し価格の決定   物件を査定し,販売価格を決めます
・販売活動             広告宣伝や指定流通機構への物件登録,チラシ掲載等
・購入者との条件交渉        購入希望者への現場案内や販売価格等の調整・交渉
・買主への物件説明(重要事項説明) 買主に対して契約前に重要事項を説明
・売買契約の締結          売買契約書の作成や締結までの手続き
・物件の引渡し           引渡しに必要な手続き等をサポートする

不動産取引には,専門的な知識が必要です。売却後の税金や法律についてもアドバイスが受けられます。売却を依頼するには信頼できる不動産会社を選び,売却時期や売却希望価格など希望条件をしっかりと伝えることが重要です。また、契約を交わす前には契約内容をしっかり確認しましょう。

不動産会社の選び方はこちらから 【買うの「不動産会社の選び方」へリンク】

登録者京安心すまいセンター
最終更新日2022-03-07 15:59:08
ページの先頭へ戻る

みやこ安心住まいセンター(安心安全の住まいづくりを応援!住まいのワンストップ総合窓口)

京都市住宅供給公社(安心のすまいを信頼とともに)

京都市すこやか住宅ネット