残金決済と引渡し

 不動産の売却において,売買契約を締結したら,契約内容に記載された引渡し日に,買主は売主に残金を支払い,それと引き換えに売主は買主に物件を引き渡し所有権移転登記の手続きを行うことになります。売主は,物件に抵当権などが設定されている場合には,それをすべて抹消する必要があります。それらの手続きに対しては,決済当日には,登記手続きを行う司法書士が立会い,登記に必要な書類や情報を確認します。司法書士によってそれらに必要な書類・情報が確認された後に,買主は売主に残代金を支払い引渡しが完了します。

登録者京安心すまいセンター
最終更新日2022-03-07 15:59:08
ページの先頭へ戻る

みやこ安心住まいセンター(安心安全の住まいづくりを応援!住まいのワンストップ総合窓口)

京都市住宅供給公社(安心のすまいを信頼とともに)

京都市すこやか住宅ネット