施工会社の選定

家を建てるときに,どこの施工会社にお願いすればいいのか,工務店とハウスメーカーの違いについて説明します。
まず,工務店とは,一般に比較的狭い営業エリア内で地元に密着した活動を行っている建設会社のことを言います。
地域密着型のため,何か困ったことがあった場合にも素早い対応が期待できたり,建築主(施主)の好みや条件に合わせて設計や施工をしてくれる自由設計が特徴です。伝統的な木造軸組工法など,会社ごとに得意分野があります。
なお,工務店では,建築条件付き土地の分譲を行っている工務店や,主に大手分譲会社などの仕事を請け負うタイプの工務店もあります。
次に,ハウスメーカーとは,独自のブランドを全国規模で展開しているような大手住宅メーカーのことを言います。
全国に支社や支店があり,モデルハウスで実際の家を見学することができます。
また,部材の生産から設計,施工にいたるまで,工場生産化率を高めてシステム化されているため,土地探しや資金計画,アフターサービスまで,家づくり全般にわたるサービスを行っているのが特徴です。
また,建築会社の信頼性を図る一つの指標として,住宅完成保証制度へ加入しているかどうかも選定のポイントになります。
住宅完成保証制度とは,注文住宅の建築中に,施工会社の倒産等で工事が継続できなくなった場合に,着手金など支払った金額が返金されなかったり,工事を引き継ぐ会社が見つからないことや,やっと引き継いだ工事で割増工事費が発生するような損害に対してあらかじめ決められた一定額が保証される制度で,一定の経営水準を満たしている建築会社に与えられたものです。
工務店やハウスメーカーそれぞれが持つ強みや特徴を理解したうえで,複数社を比較するなどして,理想の家を一緒に建ててくれる施工会社を選びましょう。

登録者京安心すまいセンター
最終更新日2022-03-07 15:59:09
ページの先頭へ戻る

みやこ安心住まいセンター(安心安全の住まいづくりを応援!住まいのワンストップ総合窓口)

京都市住宅供給公社(安心のすまいを信頼とともに)

京都市すこやか住宅ネット