建替えの流れ

家の建替えを行う際には,新築住宅の購入計画だけでなく,現在建っている家の取り壊しも並行して計画する必要があります。
まずは「建て替え」か「リフォーム」か,リフォームとの違いも考慮したうえで,目的や優先順位をしっかり見極め,検討していきましょう。
また,建て替えの検討の際には,必ず,現住まいが,建て替えられるのか,解体後に以前と同様の大きさの家が建てられるのか,再建築不可物件や既存不適格建築物が建っている土地ではないかどうかの確認をし,建替えをすると決めたら,建替えに必要な費用を事前に把握し,資金計画を立てます。
建て替え自体に約1年の期間を要しますので,施工会社を探す時間など,建て替えを検討し始める時間も考慮し,引っ越しのタイミングも踏まえて検討しましょう。。

一般的な「建て替えの流れ(工程)」は次のとおりです。
1建築会社を探す
2設計プランの相談
3工事請負契約を交わす
4住宅ローンの申し込み
5解体を依頼する建築会社を決める
6仮住まい探しと決定
7地盤調査・地盤改良
8解体工事
9新築工事
10引き渡し,登記手続き
※全工程を進めるのに1年くらいの期間が必要となります。

登録者京安心すまいセンター
最終更新日2022-03-07 15:59:09
ページの先頭へ戻る

みやこ安心住まいセンター(安心安全の住まいづくりを応援!住まいのワンストップ総合窓口)

京都市住宅供給公社(安心のすまいを信頼とともに)

京都市すこやか住宅ネット