職住一体の住宅

職住一体住居とは,ワークスペースが設けてある住居です。
例えば,店舗や工房が付いている住宅や,自宅に事務所を設けているなど,在宅ワークが可能な職種や自営業など,主に,カフェや美容院,病院,音楽やフラワーアレンジメントなどの教室などの職種が向いています。
また,新型コロナウイルスの蔓延により,テレワーク普及と分散化の流れの中で,仕事面では,オンラインやリモートでできる部分について自宅が仕事の場となるなど,住まいと仕事場が一体となった住まいとして職住融合が注目を集めています。
職住一体住居であるということは,時間を有効に使えたり,仕事環境を自分好みに変えたり,店舗や事務所の費用を抑えることができるなど多くのメリットがあります。

登録者京安心すまいセンター
最終更新日2022-03-07 15:59:10
ページの先頭へ戻る

みやこ安心住まいセンター(安心安全の住まいづくりを応援!住まいのワンストップ総合窓口)

京都市住宅供給公社(安心のすまいを信頼とともに)

京都市すこやか住宅ネット