管理委託契約

管理組合は,マンション内の快適な住環境を確保したり、マンションの資産価値を維持・向上させるための管理を行います。具体的には,共用部の清掃や定期的な設備等の保守点検、建物の修繕、長期修繕計画の作成,修繕積立金の運用,官公署,町内会等との渉外業務や広報及び連絡業務など多岐にわたります。管理組合は,これらすべての業務を自ら行うことは難しいため,多くの管理組合では,管理会社と「管理業務契約」を締結し、業務の全部または一部を委託しています。
管理会社との業務委託には「全部委託」「一部委託」の2種類があります。「全部委託」はマンションの管理業務を全て管理会社に委託する方式で,「一部委託」は,業務の一部を必要に応じて委託する方式です。いずれにしても管理の主体は管理組合であり,委託業務が適切に行われているかの点検は必要で,「自分のマンションは自分で管理していく」という意識をもって取り組むことが大切です。また,管理会社に頼らず,全てのマンション管理業務を管理組合で担う「自主管理」という方式をとる管理組合もあります。

登録者京安心すまいセンター
最終更新日2022-03-07 15:59:10
ページの先頭へ戻る

みやこ安心住まいセンター(安心安全の住まいづくりを応援!住まいのワンストップ総合窓口)

京都市住宅供給公社(安心のすまいを信頼とともに)

京都市すこやか住宅ネット