外壁の点検

 外壁のメンテナンス時期は,新築から10年と言われることが多いです。 しかしそれは目安の年数であって,外壁の素材や状況によって,それよりも短い年数でのメンテナンスが必要な場合もあります。
 点検をすることで,塗装などのメンテナンス時期を見極め,外壁を長く持たせることができます。 外壁の耐久性を維持していくためにも,現時点での劣化状態や破損などがないのかのチェックが必要になります。
 外壁の素材によって耐用年数は異なりますが,代表的な劣化のサインは,次のとおりです。自己診断を定期的に行っても,判断が難しい場合や気になる点があるときは,お近くの工務店や大工さんなどの専門家に相談するようにしましょう。

・外壁の色あせ
新築当初と比べて,外壁が色あせている場合は塗り替えを検討しましょう。特に日の当たる南面と西面は色あせが起こりやすいため確認をしてみましょう。
・コケ・藻の発生
塗膜の劣化によって,外壁が水分を含みやすくなっています。防水効果がなくなっているので,塗り替えが必要です。
・チョーキングの発生
外壁を手で触った時に,手に白い粉が付いた場合は,塗膜の劣化が起こっているサインとなります。塗り替えを検討しましょう。
・クラックの発生
主に窓の四隅や外壁の隅に発生しやすいです。0.3mm以下のクラックはヘアークラック,0.3mm以上は構造クラックと呼ばれます。構造クラックが見られる場合には,コーキング剤などでクラックを埋めるなどの下地処理を事前におこなった上での塗装が必要です。
・塗膜が剥がれている・浮いている
剥がれ落ちるほどではないが,表面がひび割れていたり,浮きが見られるときはガムテープなどを貼って剥がしてみて,塗膜がテープに付いてこないかチェックしましょう。塗膜が剥がれたら,防水効果がなくなっているサインです。
・シーリング部分の劣化
外壁材と外壁材の継ぎ目や窓サッシのまわりのゴム部分をシーリングと言います。このシーリングにヒビがある場合は,シーリングが劣化している証拠となります。シーリング部分の打ち替え,外壁の塗り替えが必要です。

登録者京安心すまいセンター
最終更新日2022-03-07 15:59:10
ページの先頭へ戻る

みやこ安心住まいセンター(安心安全の住まいづくりを応援!住まいのワンストップ総合窓口)

京都市住宅供給公社(安心のすまいを信頼とともに)

京都市すこやか住宅ネット