外壁・床・天井の断熱

夏の暑さや冬の寒さ対策として,外に面する部分(外壁,床,天井または屋根など)に断熱材を隙間なく設置し,家全体を包み込む方法があります。これによって,外気温の影響を受けにくく,夏は涼しく冬は暖かい室内環境を保つことができます。
 例えば,リフォームの際に,床を張り替えるついでに床下に断熱材を充填したり,クロスを張り替えるついでに断熱材を設置すると気軽に断熱化ができます。
 外壁・床・天井を断熱化することで,夏は涼しく冬は暖かい室内環境を保つことができます。冷暖房の効きもよくなるので,光熱費が抑えられることで省エネにつながります。

登録者京安心すまいセンター
最終更新日2022-03-07 15:59:11
ページの先頭へ戻る

みやこ安心住まいセンター(安心安全の住まいづくりを応援!住まいのワンストップ総合窓口)

京都市住宅供給公社(安心のすまいを信頼とともに)

京都市すこやか住宅ネット