再生可能エネルギーとは

再生可能エネルギー(Renewable Energy)について,経済産業省HPでは以下の様に紹介されています。
太陽光や太陽熱,水力,風力,バイオマス,地熱などのエネルギーは,一度利用しても比較的短期間に再生が可能であり,資源が枯渇しないエネルギーです。これらは、「再生可能エネルギー」ともいわれます。

出典:総論|再エネとは|なっとく!再生可能エネルギー
https://www.enecho.meti.go.jp/category/saving_and_new/saiene/renewable/outline/

石炭や石油など,化石燃料の様に有限なエネルギーではなく,利用しても枯渇せず,二酸化炭素などの温室効果ガスを排出しないエネルギーのことを再生可能エネルギーといいます。

再生可能エネルギーを活用した発電方法は次のとおりです。
・太陽光発電(太陽エネルギーを電気に変換する発電方法)
・風力発電(風のエネルギーを活用する発電方法)
・水力発電(ダムや河川の流水を発電に活用する方法)
・地熱発電(高熱蒸気・熱水を活用する発電方法)
・バイオマス発電(家畜の排泄物や生ゴミなどを燃やすなどして発電する方法)

環境に優しく,そして枯渇しないエネルギーは,現在のところ再生可能エネルギーしか存在しないため,地球温暖化の原因となる温室効果ガス(主に二酸化炭素)を抑制し,クリーンな世界を次の世代につなげるためにも,再生可能エネルギーの普及を推進しています。

登録者京安心すまいセンター
最終更新日2022-03-07 15:59:11
ページの先頭へ戻る

みやこ安心住まいセンター(安心安全の住まいづくりを応援!住まいのワンストップ総合窓口)

京都市住宅供給公社(安心のすまいを信頼とともに)

京都市すこやか住宅ネット