1. トップ
  2. イベント・セミナー
  3. 京のまちづくり史連続講座『歴史と水辺のまち 京都岡崎の文化的景観』

こちらのイベントは終了しました。

京のまちづくり史連続講座『歴史と水辺のまち 京都岡崎の文化的景観』セミナー

開催日時:2019年11月22日  19時00分~21時00分

開催場所 京都市景観・まちづくりセンターワークショップルーム
京都市下京区西木屋町通上ノ口上る梅湊町83番地の1(河原町五条下る東側)
「ひと・まち交流館 京都」地下1階
内容

東山と鴨川の間にある岡崎は、平安神宮、美術館、動物園がある文教地区として、市民に親しまれています。平安末期に白河殿や六勝寺が造営され、中世以降は近郊農村となりました。明治時代に琵琶湖疏水が開削され、近代都市を支える場となる一方、豊かな水辺空間を生み出しました。いわば京都の「副都心」として歩んできた岡崎の歴史を振り返り、文化的景観について学びます。

 

講師:石川 祐一氏(京都市文化財保護課主任・文化財保護技師)

 

受講料:1,010円(税込)

お問い合わせ先 公益財団法人 京都市景観・まちづくりセンター
電 話 075-354-8701
登録者 公益財団法人京都市景観・まちづくりセンター
最終更新日 2019-10-17 16:21:23