京のまちづくり史連続講座『北山杉の里の集落・民家・小屋・暮らし』

セミナー
no images

京町家に使われる北山杉の産地、京都市北区中川には、民家とともに磨き丸太の保管倉庫が立ち並び、特徴的な景観をつくっています。明治時代、家庭内労働に頼っていた北山丸太の生産が産業化し、住宅が職住一体化することで、現在の景観の原点が生まれました。生活と産業が結びついた中川の文化的景観について学びます。

  

講師:大場 修氏(京都府立大学大学院教授)

 

受講料:1,010円(税込)

イベント概要

開催場所京都市景観・まちづくりセンター ワークショップルーム
京都市下京区西木屋町通上ノ口上る梅湊町83番地の1(河原町五条下る東側)
「ひと・まち交流館 京都」地下1階
申し込み締切日申込不要
申し込み方法申込不要
お問い合わせ先公益財団法人 京都市景観・まちづくりセンター
電 話 075-354-8701
ページの先頭へ戻る

みやこ安心住まいセンター(安心安全の住まいづくりを応援!住まいのワンストップ総合窓口)

京都市住宅供給公社(安心のすまいを信頼とともに)

京都市すこやか住宅ネット