京のまちづくり史連続講座「京都の神社と祭り」

セミナー

京のまちづくり史連続講座「京都の神社と祭り」

京都では、平安京以降、都市ゆえの疫病の発生などにより、怨霊や疫神を慰撫し鎮めて送り出す御霊・天王信仰が成立し、やがて地域の守り神としての氏神信仰へ発展していきました。後に氏子区域が成立し、同じ都市でありながら、氏子区域ごとに異なる氏神を信仰し、固有の祭りを執り行ってきました。これによりそれぞれ独自の特徴や個性・魅力が伝えられています。京都の神社と祭りを通じて、それを支えてきた京都の人々の暮らしやまちづくりを振り返ります。

講師:本多 健一氏(大阪観光大学准教授)

参加費:1010円(学生 500円)

ホームページ:http://kyoto-machisen.jp/event/index113.html

イベント概要

定員50名
開催場所京都市景観・まちづくりセンター ワークショップルーム
〒600-8127
京都市下京区西木屋町通上ノ口上る梅湊町83番地の1(河原町五条下る東側) 「ひと・まち交流館 京都」B1階
申し込み締切日7/3
お問い合わせ先電話:075-354-8701 / FAX:075-354-8704

開催者情報

公益財団法人 京都市景観・まちづくりセンター

ダウンロード資料

    登録者公益財団法人京都市景観・まちづくりセンター
    最終更新日2020-06-19 17:21:06
    ページの先頭へ戻る

    みやこ安心住まいセンター(安心安全の住まいづくりを応援!住まいのワンストップ総合窓口)

    京都市住宅供給公社(安心のすまいを信頼とともに)

    京都市すこやか住宅ネット