1. トップ
  2. 基礎知識
  3. すまいの講義・基礎知識
  4. 京都のくらし・昔の知恵~京の夏のすまい方①夏の土用

京都のくらし・昔の知恵~京の夏のすまい方①夏の土用すまいの講義・コラム

夏の「土用」
古代中国に端を発する自然哲学思想「五行」
は、私たちの生活に自然に溶け込んでいます。その思想は、万物は「木火土金水」の5種類の元素からなるというものです。
色や方位、季節にもこれがあてられています。
木は「青、東、春」、火は「赤、南、夏」、土は「黄、中、土用」、金は「白、西、秋」、水は「黒、北、冬」といった具合です。
知らずに使っている言葉、青春とか白秋、京を守る四神、東の青龍、南の朱雀、西の白虎、北の玄武もこれによるものです。
土は季節の中で変わり目をあらわすもので、立春、立夏、立秋、立冬の直前の約18日間を「土用」とよびます。
特に夏の土用が有名で、その間の丑の日が、世間を賑わす「土用の丑の鰻」なのです。
しかし、これは江戸後期からの風習で、諸説ありますが、最も有名なものに平賀源内が鰻の販売促進のために作ったキャッチフレーズです。
五行思想によれば、「土用」の間は、土の気が盛んになるとして、土を触る作業は忌まれたため、「土用」の間に普請を始めることが避けられたのです。
この思想は、季節の変わり目に、農作業などをすると体調が崩れやすいという先人の戒めが込められています。
 また、土用のころにおこなわれる風習に「土用干し」があります。衣服や書籍に風を通し、虫やカビを防ぐものです。また、田では水を抜いて、稲が水を求めて根をよくはり秋の台風に強い稲を育てるものです。
さらに、塩漬けした梅を干すのもこのころにおこなわれ、梅干しの保存性をよくするもので、土用干しの後に本漬けしたものが伝統的な梅干しなのです。
古来の風習を見直して、暑い夏を凌ぎやすくする工夫を今一度見つめてみるのも一考かと思います。

すまいいね!

266

登録者 京安心すまいセンター
最終更新日 2017-07-20 11:14:10