【連載】中古住宅で快適くらし in 京都

京都の中古住宅で快適に楽しく住まうために必要な実践知識と特徴のある中古住宅での暮らし方を連載します。第4回は、実践知識②「中古住宅の探し方」です。

第4回 実践知識② 中古住宅の探し方

人生の中で一番大きい買い物になる住宅購入、特に中古住宅は、新築とは異なって築年数や建物も様々な物件から自分の要望に近いものを探すため、その探し方と選び方は注意が必要です。ここでは、中古住宅の探し方について探ってみます。

 

一番簡単な方法は、不動産ポータルサイトで検索

中古住宅を探すには、不動産ポータルサイト、不動産仲介会社、チラシ、住宅情報誌、オープンハウスなど、様々な方法があります。このなかで一番簡単な探し方といえば、不動産ポータルサイトで物件を検索する方法がありますね。ポータルサイトでは、希望のエリアと価格帯などを設定すれば条件に合う物件が簡単に絞られ、比較検討が出来ます。希望エリアにある物件の相場も把握できますので、予算検討のためにも、まずはポータルサイトで検索するのもおすすめです。

 

希望条件に優先順位を付け、複数のポータルサイトで検索

希望条件が多ければ多いほど物件探しは難しくなります。住宅を探し出す際には、あらかじめ自分にとって譲れない条件や重要視したいポイントを優先順にリスト化しておくのが大切です。物件探しに行き詰まった時は、優先順位が低い順から条件を減らしていくと物件が探しやすくなります。一方で、ポータルサイトは、それぞれ参加している業者が異なります。サイトによっては、登録物件数や情報量、検索機能などが異なりますので、複数のポータルサイトを確認するのが良いでしょう。

 

希望エリアの不動産仲介会社に相談、なるべく複数の方法で物件探し

ポータルサイトで物件が絞られたら、希望エリアにある不動産仲介会社に相談するのも一つの方法です。特に地域密着型の不動産会社は、地域情報に詳しく、町内会の事情や学区情報、地域の治安情報などを持っていたり、インターネットには出ていないお得な物件情報を持っていたりします。いずれにせよ、それぞれの探し方によって出てくる物件情報とその情報量が異なりますので、複数の方法で物件を探すのがおすすめです。

 

 

最後に

自分の要望にあった中古住宅に出会うためには、絶対外せない条件を決め、希望条件の優先順位をつけることと、なるべく複数の方法で物件を探し、必要な時には専門家に相談をすることが大事です。専門家のアドバイスが必要な時には、京都市のすまいのワンストップ相談窓口「京安心すまいセンター」(TEL 075-755-1635)にご相談ください。

 

1.第1回 実践知識① なぜ中古に注目?

2.第2回 活用事例① 農園付き木造賃貸アパートメント「京都小箱 」~オーナさんインタビュー

3.第3回 活用事例② 農園付き木造賃貸アパートメント「京都小箱 」~入居者インタビュー

4.第4回 実践知識② 中古住宅の探し方

5.第5回 実践知識③ 中古住宅の選び方

6.第6回 実践知識④ 中古住宅を買うメリットとデメリット

7.  第7回 実践知識⑤ リノベのプロに聞きました!最新のリノベ動向

8.第8回 活用事例③ 気になる中古住宅の安全性、皆さんはどうしましたか

登録者京安心すまいセンター
最終更新日2022-07-28 11:43:17
ページの先頭へ戻る

みやこ安心住まいセンター(安心安全の住まいづくりを応援!住まいのワンストップ総合窓口)

京都市住宅供給公社(安心のすまいを信頼とともに)

京都市すこやか住宅ネット